FISPの基本機能

“FISP(フィスプ)”は、常に適正な在庫量で業務を可能にする「在庫適正化ソリューション」です。

お客様の在庫計画業務や仕入業務は勿論のこと、在庫適正化のために在庫基準を設定することで、今まで水面下に隠れていた課題が浮き彫りになり、お客様の業務改革にも貢献します。

FISP(フィスプ)のシステム構成

お客様の既存システムから日々データを取得し、在庫状況の見える化(PSI表)を行うことで、お客様の生産(調達)・販売・在庫計画(PSI管理)の検討や、適正在庫量や発注点に基づき作成された発注計画表などを利用し仕入業務に役立てて頂きます。

 

FISPの(フィスプ)の機能概要

PDCAサイクルに対応した仕組みにより、日々の在庫状況に応じた適正在庫量の算出は勿論のこと、市場動向やお客様の戦略の変化に対応するための在庫基準の変更など、より精度を高めながら適正在庫量を維持して行くことがが可能になります。

PSI表や発注計画表以外にも、予め設定した閾値を超えた場合に注意を促す”アラート機能”や、在庫回転率などの経営指標・売れ筋情報を提供します。

 

FISP(フィスプ)の画面例 ~メインメニュー~

アラート発生時には、メニュー画面にそのメッセージが表示されます。問題点を事前に把握するための”気づき”になり、リスクによる損害や対応時間を最小限に留めることが可能になります。

“発注点割れ”等事前に準備しているアラートでは満足出来ない場合、お客様独自の閾値をアラートとして設定します。

アラート以外の主な操作は以下の通りです。

・緑枠: 日々の在庫(仕入)計画にて利用
・黒枠: 在庫基準の見直しにて利用
・青枠: 在庫計画検討にて利用

FISP(フィスプ)の画面例 ~PSI表~

過去1年間及び6ヶ月先の調達(生産)・販売・在庫(PSI)に関する情報を俯瞰的に表示します。

日々の在庫量を考慮し適正在庫を維持しながら、売上実績に基づき算出された売上見込数に基づき発注計画数を算出します。各商品単位のPSI情報をグラフ化することで、商品の動向を掴みやすくしています。

 

タイトルとURLをコピーしました