在庫適正化の実現ポイント

FISP(フィスプ)では、在庫適正化の実現ポイントとして主に5つの特徴を謳っています。

在庫適正化のためのPSI管理

在庫適正化は、“生産(調達)部門”及び“販売部門”が各々の立場で、個別最適をしていては実現出来ません。

在庫管理業務のみならず『生産(調達)業務”及び“販売業務』を俯瞰的に捉える必要があります。FISP(フィスプ)は、生産(調達)・販売・在庫情報をPSI表として見える化します。

在庫適正化に向けた在庫基準設定

KKD(経験と勘と度胸)による在庫計画から、在庫基準に基づく在庫計画に移行します。

在庫適正化のための在庫基準の設定は、在庫管理の専門家がお客様のデータを分析し、分析結果を元にお客様の思いや実態を考慮し決定します。在庫基準を定めるにあたり現状を棚卸し、曖昧な内容を詰める必要があります。本過程は、過剰在庫の陰で隠れていたお客様の課題を浮き彫りにさせます。

在庫適正化のPDCAサイクル構築

日々の在庫状況に応じ、在庫基準に従い自動的にその日の適正在庫量や発注点などを算出します。

また、経営方針や需要動向(販売状況)など長期レンジでの変化に対しては、在庫基準を見直すことで常に適正な在庫量での業務を維持します。FISP(フィスプ)の在庫シミュレーション機能を利用し、在庫基準の見直しを行って頂きます。

タイトルとURLをコピーしました