利用イメージ

アラート対象商品の現在に至るまでの在庫推移や今後の計画を確認します。必要に応じ欠品率を変更し在庫量のシミュレーションを行うことで、在庫量の変動を確認しながら在庫基準を変更することが出来ます。

システム構築では、基幹系システムから計画業務にて必要なデータを取り込み、計画業務を支援するための機能を提供します。
取り込んだデータを設定された条件に基づき計算し、必要な情報を見える化します。